キブベルト・コーヒー JARAMA農園

 

ルワンダ西部ニャマシェケ地区キブベルトは、コンゴ国境ぞいのキブ湖に面しています。より高品質なコーヒー豆を生産し、地域農民の収入を増やし、生活レベル向上を図り、次世代に明るい未来を与えるために、キブベルト農協が2009年に始まりました。今はテウシャー・インベストメント社の優れた品質管理体制のもと、年々品質が向上し、素晴らしい味わいの生豆を提供してくれています。キブベルトにはImena, Nyaruzina, Jarama, Kamajunba, Cyiya5つの農園があり、写真は2021Jarama農園です。今年はやや暑かった気候の影響で、収穫が例年より少し遅れ4月に始まりました。ルワンダではこのキブ湖近辺は収穫の早い地域です。これからの買い付け予定ですが、今年も素晴らしい生豆が期待されます。


投稿順 新着順